【エネこみ】は脱原発・エナジーシフトをめざす普通の人のための活動

energy_politics_shift

3.11の大震災後に起きた福島原子力発電所の事故。

この事故について、【エネこみ】は「天災」ではなく、防げたのに、防ぐ手を打たずに事故にいたった「人災」という立場をとっています。本当に?と疑問がある人もいるかもしれませんが、詳しくはこちらに情報を集めています。

地震や天災が多い日本では、原発を安全に使いこなすことができないし、今の時代では、原発をやめて、代わりに自然エネルギーを中心に据えたエネルギー利用ができる。

【エネこみ】はこういう立場をとります。

では、「脱原発→自然エネルギー」が実現すれば、それでいいのか。No! 同時に、原発を選び、推進した政治の意思決定システムも変える必要があります。

原発はすでに合理的な選択ではなかったのに、多くの提言に耳を貸さずに、原発を推進した政治や経済の体制そのものにも問題がある。つまり、「脱原発→自然エネルギー」の【エネルギーシフト】と、「市民不在の意思決定→合意形成型意思決定」の【政治シフト】の両方を同時に起こす必要がある。

日本という国に住む僕たちが、今なかなか前に進めない状況にあるのは、このふたつの大きな変化を同時に起こさなければならない状況にあるからです。

まずは、【エネこみ】のこのような立場を、さくっと頭に入れてください。

その上で、なぜこういう考えになるのか、その背景についての説明を読んでください。

なるほど、と理解できたら、エネルギーと政治のふたつに変化を起こすために、ネットであまり手間をかけずに実現できるアクションを、ぜひ一緒にやっていきましょう。全体としてはこんな感じです。


では、具体的なことは、以下のリンクから。

あまり順番にこだわらない、と言う方は、トップページからランダムに進んでみるのもgood!

自由に活用してください。

  • 【これまで】を知る
  • 事故は「人災」。想定外の大津波が原因ではなかった?……こちら
  • 事故による放射線の影響は、やはり巨大?……こちら
  • なぜこうなっちゃったの? 情報が正しく伝わらないのはなぜ?……こちら
  • そもそもちゃんと考えて原発をつくったの?……こちら
  • 【これから】を知る
  • エナジーシフトはどのようにすればいいの?……こちら
  • 政治シフトはどのようにすればいいの?……こちら。
  • 【できること】を知る
  • できることはあるの?……こちら
  • 【エネこみ】を知る。
  • 誰がやっているの?……こちら
  • どんな活動なの?……こちら。

────────────────────────────────────

※【エネこみ】は、渡辺パコが発案し、発起人、賛同者によって支持され、運営されています。