ネット監視事業について、アサツーDKにクレームしよう!

logo

(by paco)資源エネルギー庁が行う、「原発に関するネットの情報を監視する事業 」をアサツーDKが受託しました。

は~なんで??

エネ庁も非難されるべきですが、積極的に受託するADKも、カネのために魂を売ったと言われ得ても否定できない暴挙です。社会性ゼロの企業ということです。

そこで、ADKのサイトからクレームを送りました。

共感してもらえる方は、ぜひ一緒に行動しましょう。

以下の内容はコピペしてもらってもかまいません。

影響力を上げるためには、一部変えた方がいいでしょうね。

https://www.adk.jp/html/ask/index.html

────────────────────────────────────

原発に関するメディア情報を監視する事業の受託は、企業の自殺行為である。返上せよ。

────────────────────────────────────

「経済産業省資源エネルギー庁が多額の税金を使い、原発に関するメディア情報を監視してきた問題で、一般市民が発するツイッターなどネット情報を監視する本年度の事業」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011072802000040.html

御社のような企業がこのような事業に応札、落札するとは思いませんでした。返上するよう求めます。

この事業が、「風評」を大義名分にした言論弾圧にあることはあきらかです。まさかそこに気がつかないADKでもないでしょう。わかっていてやっているわけで、さらに罪深い。

そもそも何が「風評」なのか。 原発事故直後から、原子炉はメルトダウンしているといってきた上杉隆氏を始め、僕を含めた多くの論者に対して国や大メディアは非難しました。しかし国と東電はあとになってメルトダウンを認めています。他にも原発事故関係では、当初隠し、のちになって分かったことがいくらでもある。

つまり「誤った情報」「風評」を判断することは非常に難しく、それを積極的にやろうというこの事業は、国民の適切な情報判断さえ奪おうとする暴挙です。

このような事業をやる税金を使ってやる国も許せませんが、民間企業、しかもメディアや情報に関わる御社が積極的に手を挙げるというのは、自ら情報操作に荷担することを意味します。メディア関連企業として、自殺行為であり、直ちに返上すべきです。

今回の事業受託は、ADKの信頼を大きく傷つけました。御社がCSRだとか、情報の信頼だとかを語っても、信用されなくなるでしょう。

再度言います。この事業受託は、直ちに返上してください。

────────────────────────────────────