【応援推奨】河野太郎さん「東電救済」案の最新情報を提供

kounotaro

自民党で昔から脱原発を主張してきた河野太郎さんが、東電の救済スキームの変化について、ブログを書いています。応援メッセージを送りましょう。

 

「政府案」は東電をそのまま救済し、株主や貸し手の責任は問わずに、国民に負担を押しつけると言う、本末転倒の方法です。これが「国民の評判」が悪いので、経産省が東電を見限る形で「あとで東電を破綻させます」とひそかに言い始めた、と言うのが、河野さんのブログ。半歩前進(東電と経産省の鉄の結束が崩れ始めた?)。でも、「あとで破綻」は、いつになるかわからず、結局知らんぷりされる危険もあり、ありがちな官僚の「見せかけ政策」になる可能性も大。ここは、しっかりと「まず東電は破綻処理」を訴えていきたいところです。

 

と言うことで、河野さんに応援メッセージを送りました。ぜひ追随して、河野さんに応援を送りましょう。僕が送った内容は以下の通り。適宜コピペしてお使いください。

 

 

────────────────────────────────────

http://www.taro.org/contact/

「東電は後から破綻処理させます」読みました。
鉄の結束を誇ってきた電力村にも内部分裂の兆しが見えてきたということでしょうか。
おっしゃるとおり、「先に東電破綻処理」が当然の流れだし、貸し手も責任をとり、吐き出すものを吐き出してから最後に国民負担、と言うのが当然の流れです。
それと、東電が放出した放射性物質は、東電が責任を持って回収するという宣言をださせるべきです。放射能汚染の農産物問題も、この宣言が出ないことで、無関係の市民が「買い支え」という不条理が起きています。
安全基準という以前に、「ばらまいた汚染物は自分で片付ける」という世の中の原則を、あたりまえのように実行させるべきです。
独自に、エナジーシフト、政治シフトの活動をしていますが、河野さんの評価は高まっているのを感じます。ぜひがんばってください。http://www.enecomi.com/

────────────────────────────────────